イベント

教育復興フォーラム「考えよう、子どもたちの未来を拓く学校と地域の再生支援」(2014年3月9日)

震災から3年、地域に根ざす教育大学として実践してきた、学校と地域への様々な再生支援の取り組みを報告し、これからの支援の在り方を考えます。
参加無料ですので、奮ってご参加ください。

3月9日フォーラムチラシ画像

画像をクリックするとPDFが開きます

<開催概要>

宮城教育大学 教育復興フォーラム

考えよう、子どもたちの未来を拓く
学校と地域の再生支援

日時: 平成26年3月9日(日) 10:00-16:00
会場: TKPガーデンシティ仙台 ホールD (仙台市青葉区中央1-3-1 AER30階) ※ 参加無料

申込:必要事項(氏名・所属・電話番号・E-mail・分科会の選択)をご記入の上、E-mailまたはFAXにてお申し込みください。2月末日締切です。
   申込・お問い合わせ先 FAX 022-214-3342, E-mail: manabi@adm.miyakyo-u.ac.jp (@を小文字に変換してください)

<プログラム>

10:00-10:20 開会
キーノートレクチャー 宮城教育大学学長 見上一幸
10:30-12:00 事業および活動報告
復興応援プロジェクト「元気の出るマガジンづくり」 仙台市立吉成小学校
自分づくり「Make Nakayama」中山商店街への提案 仙台市立中山中学校
高校生キャリア教育講座「私の復興物語」報告 高校生有志
「学び喫茶」から広がった支援活動 宮城教育大学学生スタッフ
地域・関係機関協働の防災教育・防災Weekの取組み
12:00-12:50 事業映像放映 & パネル・ブース展示
事業報告・防災グッズ・非常食・成果物
12:50-13:00 第2部開会
あいさつ 教育復興支援センター長 中井 滋
13:30-14:20 対談 テーマ:学びと復興
事業顧問:東北大学加齢医学研究所 教授 川島 隆太
文部科学省生涯学習政策局担当課長
14:30-15:30 テーマ別分科会

(1) 中・長期の心の支援
宮城教育大学教職大学院教授 佐藤 静、神戸市教育委員会事務局 指導部指導課 新妻 英敏(仙台市教育委員会から出向)

(2) 震災後の子どもの運動環境向上の取り組み
「女川っ子アクティブクラブの活動」 事務局 早坂 亮佑
「宮城県の子どもの健康状態について」 宮城教育大学講師 黒川 修行

(3) 教員支援-DSAT構想
震災・学校支援チーム EARTH の取り組み 兵庫県教育委員会教育企画課 生田 淳仁
DSAT 構想 宮城教育大学准教授 田端 健人
15:30-16:00 閉会行事
事業総評 事業顧問 東北学院大学教授 水谷 修
あいさつ 教育復興支援センター副センター長 野澤令照